五大栄養素

世界で最も奇妙な料理10選

旅をして新しい国を発見するとき、その土地の料理を試してみることは楽しみの一つですが、時には悪い意味で期待を裏切る料理に出会うこともあります。

あらゆる事態に備えるためにも、世界中で見られる奇妙な食べ物を紹介しましょう。

例えば、casu marzu。腐ったチーズのことで、クリーミーでピリッとした羊のチーズにチーズバエが卵を産みつけ、これが幼虫になり、チーズを食べます。別名「ミミズチーズ」とも呼ばれています。販売は禁止されているため、生産者と直接触れ合う特別な機会でしか手に入りません。

LOIC VENANCE/AFP via Getty Images
世界で最も珍しい18の食品:驚きの準備をする。
生きたミミズを使った臭豆腐やcasu marzu 、試してみたいですか?あるいは、羊の目玉を試してみたいですか?これらの料理は、世界が提供する多様で驚くべき料理のほんの一例にすぎません。食への好奇心を刺激されたなら、世界が提供する最も奇妙で珍しい食品を探求する準備をしましょう。フォトギャラリーは、あなたを世界各地の食の旅に誘い、おそらく今まで味わったことのない味や食感を発見させてくれることでしょう。そして、料理は体だけでなく、心の栄養でもあることを忘れないでください。新しい味を試すことを恐れないでください。驚くような発見があるかもしれません!
By Andriy Makukha (Amakuha) - Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curi
ミッキーマウスワイン
ネズミ酒」は、中国南部で飲まれている飲み物で、盲目で毛のないネズミを米酒に浸したものである。健康効果があると言われているが、科学的根拠はない。腐敗臭と味が強く、ネズミの皮膚の一部が含まれていることが多いので、飲む前にろ過する。
This photo of Royalty Hotel Restaurant is courtesy of TripAdvisor
Escamoles
別名「虫入りテキーラ」。escamoles は、テキーラの蒸留源であるブルーアガベという植物に住み着く幼虫です。見た目は豆に似ていますが、これはそうではありません。メキシコでは通常、サルサguacamoleと一緒にtacos で食されます 。
EMMANUEL DUNAND/AFP via Getty Images
Hákarl
Hákarl は、グリーンランドシャークなどの眠れるサメを特殊な発酵工程で熟成させ、4~5ヶ月間吊るして乾燥させたアイスランドの国民食です。アンモニア臭が強く、生臭い風味があるため、 、嗜好性が高い。hákarl
Questa foto di Jumunjin Port è offerta da TripAdvisor.
Fuguフグ
フグは生きているより死んでいる方が危険なんです。取り扱うには、特殊なナイフと特別な免許が必要です。実は、この毒の部分をきちんと取り除かないと、死に至ることもあるのです。
Di Wrote - Flickr: Serving.JPG, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=32069968
Surströmming
surströmming は、バルト海産のニシンを発酵させて作るスウェーデンの代表的な料理です。通常、缶詰で販売されるが、発酵を続けるため、保存中に膨張し変形することが多い。缶を開けると強烈な臭いが漂い、吐き気を催すため、この料理は通常、屋外で食べることが多い。
This photo of Bushtucker River & Wine Tours is courtesy of TripAdvisor
Witchetty grub
オーストラリアのアボリジニたちのタンパク源で、通常、この幼虫は生きたまま生で食べられます。白くて柔らかい、やや大きめの幼虫です。
Questa foto di Ishin Japanese Dining è offerta da TripAdvisor.
Shiokara塩辛
短冊状に切ったイカにそのイカの内臓を発酵させたものを混ぜた日本の珍味。香りが強いので、ウイスキーをショットで飲んだり、もちろん日本酒との相性は抜群です。当然ながら、奇妙な料理のリストに入るでしょう。
Questa foto di Corte Noa è offerta da TripAdvisor.
Casu marzu
casu marzu は、サルデーニャ地方の典型的な食べ物で、チーズバエの幼虫によって形成されるのが特徴です。衛生基準を満たしていないため、EUでは違法とされていますが、それでも販売されており、地元の名物料理でもあります。ソフトでクリーミーな味わいで、パンと一緒にお召し上がりいただけます。
By Cara Chow (Charlotte1125), CC BY 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12117750
猿の脳みそ
猿の脳は、ある種の猿の脳からなる料理とされる。 西洋の大衆文化では、その摂取が繰り返し議論され、しばしば異国の文化を例外的に残酷、無神経、奇妙なものとして描く文脈で用いられる。 しかし、それが実際に猿の脳なのか、キノコのhericiumなのかは、定かではない。中国語ではhóu tóu gū (猴頭菇;文字通り「猿の頭の菌」)と呼ばれ、これを指していた可能性もある。
This photo of Angkor Night Market is courtesy of TripAdvisor
スネークワイン
ベトナムのワインまたはリキュールであるスネークワインは、優れた疲労回復効果があると信じられています。ヘビの全身や体液をアルコールで煎じて作ることで得られます。
This photo of Kam’s Roast Goose is courtesy of TripAdvisor
Balut
Balutは 、主に東南アジアで食されているアヒルの卵です。孵化する直前に殻ごと茹でます。媚薬食品とされ、特に歓楽街ではstreet food として消費されています。
By by LWY at flickr - https://www.flickr.com/photos/lwy/2148450847/, CC BY 2.0, https://commons.wiki
San-nakji
San-nakji は、韓国語で と呼ばれる小型のタコの仲間である手長ダコ ( ) の生料理で、巨大なタコ ( ) に比べて比較的小さいことから、「小ダコ」と訳されることもあります。タコは殺された後に切り分けられ提供されるのが一般的で、タコの触手の神経活動により、提供される際に皿の上で切り分けられたタコが動き回る。nakjiOctopus minorEnteroctopus dofleini
Эта фотография Okariba является собственностью сайта TripAdv
バッタ
もはやミステリーではない。バッタは多くの民族の主食ともなっていますが、それだけではありません。以前から、ロンドンのレストランのメニューにもなっているのです。つまり、味わったことのない人はもはやいないのです。しかし、もし、それでもなければ、ドライトマトやポップコーンに似た味と言われていることを知っておいてください。
By Lisa Risager - https://www.flickr.com/photos/risager/4261499395/in/photostream/, CC BY-SA 2.0, ht
Muktuk
muktuk は北極圏の人々の伝統的な食べ物で、鯨の皮と脂身でできている。ベルーガやイッカクも使われるが、Bowhead whale から作られることが最も多い。通常、生で食べるが、冷凍、調理、漬物でも食べることができる。
By Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3202696
Ikizukuri
Ikizukuri ikezukuri 、生きた魚介類から刺身(生魚)を調理することである。この日本料理の技法では、最も一般的に使用される魚介類は魚ですが、タコ、エビ、ロブスターも使用されることがあります。この調理法は、提供されるときまだ生きているため、動物の苦痛に対する懸念から議論を呼んでいる。
Questa foto di Pub Street è offerta da TripAdvisor.
クモのフライ
クモのフライは本当に美味いらしい。串に刺して胡椒とレモン汁で味付けしたもので、ある有名なカンボジア料理店では1日に200食以上提供されているそうです。
By Pilzland - Own work, CC0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=24146807
臭豆腐
臭豆腐の歴史は王朝時代までさかのぼり、Qing 、中国や台湾で人気のある発酵豆腐の変種である。豆腐は、発酵させた牛乳、野菜、肉などの強い塩水で発酵させる。今でも人気のある揚げ物屋台料理で、実際には、完全な食事としてよりも、おやつとして食べられています。
LOIC VENANCE/AFP via Getty Images
ペルコラアイジュース
Mongolian Mary 」は、羊の目玉を漬け込んだものをトマトジュースで割った飲み物です。二日酔いに効くとされ、その歴史はチンギス・ハンの時代までさかのぼります。目玉は抗酸化物質、ビタミンC、Aを豊富に含んでおり、食べても安全で、生でも茹でて食べてもよい。噛むと眼球が口の中で爆発するが、味はあまりない。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.