スターターズ

ビュッフェはお好き?夏の注目はこれだ

夏といえば、暑い気候、若者の外出、ビーチでのアペリティフ、そしてビュッフェ・ディナーの代名詞だ。しかし、確かなことは、現在、南ヨーロッパやアメリカの多くの地域で普通になっているように、気温が40度を超えると、ビュッフェ料理とその保存状態に注意を払わなければならないということだ。

バーリのLUM大学で栄養学と人間栄養学の講師を務める免疫学者のマウロ・ミネッリ氏は、多くの人が何時間も連続して食事をするビュッフェでは、何に気をつけ、何を食べ、何を避けるのがベストかについて、有益なアドバイスをくれた。

熱、バクテリア、毒素が気をつけるべき主な危険だが、それだけではない。

Freepik
夏のビュッフェの危険性:気をつけるべきこと
夏といえば、暑い気候、若者の外出、ビーチでのアペリティフ、そしてビュッフェ・ディナーの代名詞だ。しかし、確かなことは、現在、南ヨーロッパやアメリカの多くの地域で普通になっているように、気温が40度を超えると、ビュッフェ料理とその保存状態に注意を払わなければならないということだ。バーリのLUM大学で栄養学と人間栄養学の講師を務める免疫学者のマウロ・ミネッリ氏は、多くの人が何時間も連続して食事をするビュッフェでは、何に気をつけ、何を食べ、何を避けるのがベストかについて、有益なアドバイスをくれた。熱、バクテリア、毒素が気をつけるべき主な危険だが、それだけではない。
Freepik
スタンダードの重要性
必要な衛生ルールのほんの一部でも守らなかった場合、嘔吐、下痢、腹痛、時には発熱など、主に消化器系の症状を引き起こす可能性があると教授は説明する。
Freepik
乳製品と冷たい肉に注意
低温殺菌されていない牛乳を使った乳製品や、しっとりしたソースで調理された後に冷たいまま提供される肉類は、保存状態が悪く高温に弱いため、ビュッフェで問題を起こす主な食品のひとつである。
Freepik
ビュッフェの寿司は要注意
一般的に、ビュッフェの生ものには常に気をつけるべきだが、通常寿司の形で提供される生魚にはもっと注意を払うべきだ。実際、適切に屠殺されていない、あるいは単に適切に洗浄、内臓除去、保存されていない魚を食べることは、細菌感染の媒介となる可能性があることを忘れてはならない。
Freepik
卵とマヨネーズに注意
マヨネーズなど、卵や卵製品を使った料理はビュッフェには向かない。通常、このような料理は途中で入れ替わるが、そうでない場合もある。夏の気温が高いと、これらの食品を適切に保存することができない。そうしないと、数時間で食べられなくなり、腸に悪い影響を与える。
Freepik
食事の前に、私たちは常に次のことを守る
料理の専門家でなくとも、通常、料理の見た目、香り、最初の味覚で、私たちはおいしいものを食べているのか、それとも奇妙なものを食べているのかをすぐに知ることができる。アルコールを大量に摂取すると、感覚が鈍くなり、食べられないものがわからなくなることがあるので注意が必要だ。
アートギャラリー プライベートコレクション
20/02/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
19/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.