スターターズ

夏、お腹が空いたらもっと食べるための6つのコツ

夏場の食欲不振は、誰もが一度は経験したことのある現象で、その背景には化学的・生物的な理由が隠されています。

実は、食欲不振は脱水症状に起因するものです。蒸し暑さによる脱水は、血液中の特定の物質(タンパク質、微量元素、ミネラル)の濃度を上昇させ、満腹感を促進させることにつながります。

このような悪循環に陥ると、なかなか抜け出せなくなります。しかし、夏や暑さに負けず、スムーズな食生活を取り戻すための有効なテクニックや戦略、ヒントがあります。

Freepik
夏に食欲不振?この6つのヒントで解決
夏場の食欲不振は、誰もが一度は経験したことのある現象で、その背景には化学的・生物的な理由が隠されています。実は、食欲不振は脱水症状に起因するものです。蒸し暑さによる脱水は、血液中の特定の物質(タンパク質、微量元素、ミネラル)の濃度を上昇させ、満腹感を促進させることにつながります。このような悪循環に陥ると、なかなか抜け出せなくなります。しかし、夏や暑さに負けず、スムーズな食生活を取り戻すための有効なテクニックや戦略、ヒントがあります。
Freepik
水をたくさん飲むことが最も重要
最も基本的なアドバイスであり、誰もが知っていることですが、多くの大人は日々の仕事に追われ、日中、水分を取ることを忘れてしまっています。成人の場合、スポーツをしない限り、1日に最低限飲むべき水の量は1.5~2リットルです。子どもや高齢者は特に注意が必要ですが、体が弱いからというわけではなく、体感的に喉の渇きを感じにくいからです。
Freepik
肉より魚を摂取する
暑いときは、赤身の肉や、ハム、モルタデッラ、コッパ、サラミなど塩分の多い食品の摂取を控えるのがよいでしょう。推奨するのは、多くの魚を摂取することで、ボイルしたり、サラダに加えて冷やして食べることです。また、卵も冷やして食べるのに適した食品です。
Freepik
料理の見た目は重要
特に猛暑で食欲が旺盛でないとき、見た目は大事です。"目の保養 "は、蒸し暑さで息苦しくなるような時でも、食べることを促進させる素晴らしい方法です。色とりどりの、よく盛り付けられた料理、新鮮そうで魅力的な果物や野菜は、より多く、そして健康的に食べるのに最適な方法です。
Freepik
牛乳を飲むことを忘れない
乳製品といえば、夏場はフレッシュチーズ、カルシウムの供給源としても優秀なホワイトヨーグルトなどの食品を選び、1日5食すべてに取り入れるとよいでしょう。また、牛乳を飲むことは食欲不振の対策にもなります。
Freepik
食べる量を減らしても、食べる回数を増やす
栄養士が推奨するのは、3回の主食に加え、少なくとも午前と午後の2回、間食をとることです。ただし、これは摂取カロリーを増やすという意味ではなく、起きている16時間(平均)の中で、より均等に配分するという意味です。ですから、昼食は少なめにして、夕食を少し遅らせることで、満腹になりすぎず、満足感を得ることができるようになります。
Freepik
軽くて新鮮な食品を食べる
夏には、冷たい料理が暑さを和らげるだけでなく、食欲を増進させます。例えば、生ハムやブレザオラなどのサラミ類やフレッシュチーズ、パスタ(パスタサラダ)やご飯(ライスサラダ)も冷製か常温のものがよいでしょう。水分が多く、カロリーもそれなりにあるので、この時期には冷たいスープや、豆類を使った料理もおすすめです。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.