ヴィーガン/ビオ

食とサステナビリティ:地球を意識したさまざまな食べ方

食と環境の持続可能性の関係は、今や誰の目にも明らかに重要な問題です。食料の生産から消費(および廃棄)までの食料システムは、地球上の温室効果ガス排出量の3分の1を排出しており、世界人口の増加を考えると、もはや持続可能でないことは明らかです。

品種改良とそれに伴う農業は土地を破壊し、土壌を汚染するため、あらゆる困難が伴い、それによってベジタリアンやビーガンの選択が好まれるようになりました。 CiboCrudo(チーボクルード加工していない食品) 、イタリアを代表するplant-based(プラントベース) 、ローフードを扱うbrandなど、より持続可能な食事をするための7つのガイドラインを考案しました。

もちろん、このような習慣の大幅な変更は容易ではありませんが、世界的な食糧消費量のtrendを考えると、地球を救うための大きな助けになるはずです。

Freepik
食とサステナビリティ:地球を意識した7つの食べ方
食と環境の持続可能性の関係は、今や誰の目にも明らかに重要な問題です。食料の生産から消費(および廃棄)までの食料システムは、地球上の温室効果ガス排出量の3分の1を排出しており、世界人口の増加を考えると、もはや持続可能でないことは明らかです。品種改良とそれに伴う農業は土地を破壊し、土壌を汚染するため、あらゆる困難が伴い、それによってベジタリアンやビーガンの選択が好まれるようになりました。 CiboCrudo(チーボクルード加工していない食品) 、イタリアを代表するplant-based(プラントベース) 、ローフードを扱うbrandなど、より持続可能な食事をするための7つのガイドラインを考案しました。もちろん、このような習慣の大幅な変更は容易ではありませんが、世界的な食糧消費量のtrendを考えると、地球を救うための大きな助けになるはずです。
Freepik
オーガニックを食べることは必須
有機農業では、さまざまな植物を栽培し、輪作を行い、自然な形で肥料を与え、農薬や植物保護剤を使用しないようにしています。有機栽培の作物を支持することで、より健康的でおいしい食品を手に入れることができ、地球にも良い影響を与えることができるのです。
Freepik
カラーで食べる
これは、栄養士が教える典型的なアドバイスのひとつです。実は、野菜の色の違いも、私たちの体に必要なさまざまな栄養素を表しているのです。農作物や食品の生物多様性は、まさに地球を救う方法のひとつなのです。
Freepik
地元の小さな生産者を支援する
ここでもまた、オーガニックを買うだけでなく、どこで買うかにも注意しなければならないでしょう。実際、工業製品よりも、地元やゼロキロメートルの生産者からオーガニック食品を買う方が、品質が保証されることがほとんどです。また、地元のマイクロエコノミーは、非常に持続可能な消費方法です。
Freepik
料理が楽しくなる
食の醍醐味は、まさに自分で調理することです。特に、新鮮なオーガニック製品で、栄養価が高く、見た目も美しい食材を使うことで、食の楽しみが広がります。さらに、plant-basedもおいしい料理やレシピを作ることができます。
Freepik
シンプルなものを消費する
オーガニック食品を購入する際には、原材料のリストを読むように注意してください。たとえパッケージにオーガニックと書かれていても、必ずしもそうとは限らないこともあるのです。加工食品は、たとえ有機栽培であっても、保存期間を延ばしたり、見た目や食べやすさを良くするために添加された保存料や着色料、その他の添加物が含まれていることがあります。正しい選択は、保存料や着色料を使わず、砂糖を使わず、職人によって加工された食品を買うことです。
Freepik
 plant-basedをサポートする
肉や乳製品の工業的生産と流通には、飼料から屠殺場、加工から出荷まで、高いエネルギー消費が必要です。この意味で、plant-basedなどの、できるだけ自然食品のものを使用することで、温室効果ガスの発生を少なくすることができます。これは、私たちにとっても、地球にとっても、二重のメリットとなるのです。
Freepik
食品廃棄物を出さないようにする
イタリア国民のみのデータですが、一人当たり年間65kgもの食品を無駄にしていることがわかりました。このような消費の仕方は、もはや持続可能ではありません。さらに、食品廃棄物はメタンガス排出の大きな原因ともなっているのです。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.