調理技術

オーストラリアの会社がマンモスのミートボールを作りました:合成肉は未来になるのでしょうか?

ここ数年、科学者たちは、環境や気候への影響が少ない肉の代替品を見つけようと努力してきました。最近では、合成肉、別名培養肉、すなわち動物を屠殺することなく実験室で生産された肉が話題を呼んでいます。

そして、オーストラリアの合成肉会社が、数千年前に絶滅したゾウの祖先であるマンモスの肉からミートボールを作ることに成功したことを世界に明らかにしました。まだ実食用ではないので、その味は誰にもわかりませんが、その意味するところは非常に大きいでしょう。

この未来にはすでに多くの抵抗が存在しますが(もちろん、イタリアがこうした抗議の先頭に立っている)、合成肉は、食品産業による集約農業、二酸化炭素の発生、気候変動の問題に対する解決策となる可能性があるのです。

https://www.mammothmeatball.com
オーストラリアの会社がマンモスのミートボールを作成:合成肉は未来にあるのでしょうか?
科学者たちは、環境や気候への影響が少ない肉の代用品を見つけようと何年も努力してきました。そんな中、オーストラリアの合成肉製造会社が、数千年前に絶滅した象の祖先であるマンモスからミートボールを作ることに成功したと発表しました。まだ食用ではないため、その味はわかりませんが、その意味するところは非常に大きいです。 この未来に対しては、すでに多くの抵抗が存在します(もちろん、イタリアがその抗議の先頭に立っている)が、合成肉は、食品産業による集中畜産、二酸化炭素の発生、気候変動の問題に対する解決策になる可能性があるのです。
https://www.mammothmeatball.com
マンモスのミートボールが誕生
オーストラリアの合成肉(培養肉)会社が、1万年以上前に姿を消したマンモスの塩基配列から、ミートボールを再現することに成功したと、ホームページで発表しました。
https://www.mammothmeatball.com
ミートボールはアムステルダムで発表された
このイベントは、アムステルダムのNemo科学博物館で開催され、オーストラリアの会社Vow によって、ミートボールが披露されました。現在、この会社では、アルパカ、水牛、ワニ、カンガルー、クジャク、魚など50種類の動物の肉の可能性も調査しています。最初に市場に投入される肉はウズラで、早ければ2023年末に日本市場に登場する予定です。
https://www.mammothmeatball.com
研究目的
Vowの共同設立者であるTim Noakesmithは、マンモスは、氷河期が終わった後、人間の猛烈な狩猟と気候変動によって絶滅に追い込まれた動物の象徴であることから選ばれた、と強調しています。さらに、これらの研究は、大規模な家畜生産と気候危機による野生動物の破壊との関連において、培養肉の有効性と有用性を証明することも目的としています。同社自身は、「数十億人の食肉消費者を、動物性タンパク質の消費から、実験室で生産できるものの消費に移行させる」ことを目標としています。
https://www.mammothmeatball.com
新しいミートボールができるまで
このミートボールを作るプロセスは、実にシンプルなものでした。Vow は、Queensland 大学Australian Institute for BioengineeringのErnst Wolvetang 教授と共同研究を行いました。マンモスから採取したタンパク質(ミオグロビン、肉の風味のもと)の遺伝子配列を用い、マンモスの最も近い子孫であるアフリカゾウから採取したDNA配列で、既存の再現性のあるギャップを埋めたのです。この配列を入手した後、羊の筋芽細胞幹細胞に挿入したところ、200億個の細胞が再現され、その後、同社はマンモス肉の培養に使用しました。
https://www.mammothmeatball.com
このミートボールはまだ食べられません
現時点では、まだ食べられるものではないので、この製品はデモンストレーションとしての役割しか果たしていません。実際、私たちの免疫システムがこの食品にどのように反応するかは分かっていません。Australian Institute for Bioengineering の教授はErnst Wolvetangは "私たちはこのタンパク質を何千年も見ていません。ですから、私たちがこれを食べたときに免疫系がどのように反応するかは全く分かりません"と、The Guardian のインタビューで答えました。
Di Tracy O - Flickr, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4387467
対話を続けるための扉
一般的な反響を見ると、この実験は、集中的な農業、食肉処理、CO2生成を伴う合成肉に代わるものとして、議論や考察を継続するのに役立つことは間違いないでしょう。しまし、ヨーロッパを中心に、伝統を守るために、すでに世界中で多くの抵抗が起こっています。 Good Food Institute Europe のSeren Kellはしかし、この問題についての対話が増えることを期待し、この実験がさらなる議論をもたらし、培養肉の運命に良い影響を与えることを確信しています。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.