お大事に

体にとって重要な15種類のスーパーフード

このトピックは広範かつ複雑であり、私たちが昼食や夕食の食事を選択する際には、食品バランスを主な指針とすべきである。

しかし、摂取する食品の利点を知ることも重要である。そのため、他の食品よりも定期的に摂取すべき食品もある。特に、私たちの体を守り、若々しく健康に保つ15の特別なスーパーフードを紹介する。

地中海食の基本であるこれら15のスーパーフードを摂れば、エネルギーをチャージできるだけでなく、体を守ることもできる。

Freepik
全粒穀物シリアル
全粒穀物は満腹感を高め、心血管系のリスクを減らすのに最適である。また、代謝を改善し、2型糖尿病や肥満の発症を抑制する働きもある。しかし、その長所はそれだけにとどまらない。最も重要な点のひとつは、特定のガンの発症から私たちを守ってくれることだ。世界がん研究基金は、特に全粒穀物から25~30グラムの食物繊維を毎日摂取することで、結腸がんを大幅に予防できると指摘している。全粒穀物は複合炭水化物の最良の供給源ではあるが、すべてが同じというわけではない。Iacoviello博士が指摘するように、穀類は穀物の根元から全粒でなければならず、精製された小麦粉にふすまを加えたものであってはならない。もしそうであれば、それらは真の全粒穀物ではなく、十分なビタミンB群、ビタミンE、カルシウム、リン、マグネシウム、そして何よりも健康的な脂肪と食物繊維を含んでいない。
Freepik
豆類
肉が贅沢品であり、豆類が十分なタンパク質を摂取するための唯一の選択肢であった時代、豆類は伝統的な農民の食生活を連想させていた。しかし、豆類は私たちの臓器に多くの恩恵をもたらしてくれる。「悪玉」コレステロールを減らし、心血管疾患のリスクを軽減してくれるのだ。食物繊維が豊富で低脂肪の豆類は、腸を保護する働きもある。しかし、過敏性腸症候群を患っている人は、週に3回も豆類を食べるのは難しいかもしれない。しかし、解決策はある。豆類の皮による不快感を軽減するには、調理前に重炭酸ソーダに浸し、食べる前にミキサーにかけるだけでよい。
Freepik
クルミとアーモンド
1日に必要なオメガ3系脂肪酸を摂取するために、毎日魚を食べる必要はない。脂ののった魚だけでなく、くるみやアーモンドを食べるだけでも、心臓や動脈にやさしい多価不飽和脂肪酸を十分に摂取することができる。クルミなら8粒、アーモンドなら20粒ほどで、オメガ3を十分に摂取できるのだ。クルミやアーモンドを毎日20~30グラム間食することを強くお勧めする。ボストンのハーバード・メディカル・スクールが実施した研究によると、7万6千人の女性と4万2千人の男性の食習慣を30年間モニターした結果、ナッツを定期的に摂取している人は、毎日間食していない人に比べて死亡リスクが20%減少した。
freepik
EVOオイル
エクストラバージンオリーブオイルは、私たちの食卓に欠かせない存在である。風味が良いだけでなく、地中海式ダイエットの中で、心臓発作や脳卒中の予防に最も効果的な栄養素であることが証明されている。しかし、その美点はそれだけにとどまらない。最近の研究では、エキストラバージンオリーブオイルが食後の血糖値を下げ、2型糖尿病の発症を抑制することが明らかになっている。このような理由から、あらゆる種類の油脂の中で、エキストラ・バージン・オリーブオイルは、間違いなく最も好まれる油脂なのだ。
freepik
ニンニクとタマネギ
ニンニクは、その抗菌作用のおかげで、高血圧対策だけでなく、胃がんや大腸がんを予防する上でも貴重な味方であることが証明されている。ミラノのマリオ・ネグリ研究所が実施した研究によると、週に1個のタマネギを摂取することで、心臓発作のリスクが20%減少するという。料理の風味付けにニンニクやタマネギを使うことで、塩分の消費量を減らすことができるのだ。Iacoviello博士は、ナトリウムの大量摂取は心臓血管疾患、脳血管疾患、2型糖尿病、胃がんのリスクを高めると指摘した。したがって、ニンニクとタマネギを塩の代用品として使うことは、私たちの健康維持に役立つのである。
Freepik
キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー
これらの美味しくて軽い食材は冬の料理にぴったりだが、それだけではない。オランダのワーヘニンゲン大学で行われた研究によると、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーを定期的に摂取することで、膀胱、膵臓、甲状腺、前立腺、乳房、胃など、特定の種類のがんの発生率を低下させることができるという。これらの食品を食事に加えることで、重要な健康効果が期待できる。
Freepik
ブラッドオレンジ、ストロベリー、ベリー
ブラッドオレンジ、イチゴ、ベリー類など、抗がん作用、抗炎症作用、ビタミンCを豊富に含む果物は、私たちの体にエネルギーと抗酸化物質を補給し、一日を乗り切るのに理想的である。これらの果物を毎日食べることで、その有益な特性の恩恵を十分に受けることができる。
freepik
唐辛子
世の中には、辛いものを何よりも嫌う人と、できることなら何でも唐辛子で味付けしたい人の2種類がいる。この両極端な「食べ物」の中に、私たちの健康にとても良い真実が隠されている。唐辛子の辛さはカプサイシンによるもので、カプサイシンは天然の血管拡張剤、抗炎症剤として働く物質である。唐辛子には若さを保つ力もあるのだ。イアコヴィエッロ博士は、IRCCS Neuromed in Polizziの疫学・予防部門の研究チームとともに、Istituto Superiore di Sanitàと共同で、この物質が細胞の老化プロセスに関与する特定の遺伝子の働きを抑えるタンパク質の活性を高めることを発見した。
freepik
緑茶
緑茶は、地中海式ダイエットの典型的な食品とは言い難いが、例外を証明する食品と言える。グローバリゼーションのおかげで、緑茶は今や私たちの食習慣にすっかり定着し、私たちの体にとって真の万能薬となっている。紅茶と違って、緑茶は蒸らしたり乾燥させたりしないので、フリーラジカルの害から細胞を守るのに不可欠な抗酸化力がそのまま保たれる。緑茶に含まれるさまざまな物質のうち、エピガロカテキンは心臓血管系を保護するだけでなく、抗がん作用や神経保護作用もある。
Freepik
ヨーグルトと発酵乳
ヨーグルトや発酵乳の定期的な摂取なくして健康的な食生活はありえない。しかし、すべての種類のヨーグルトが適しているわけではなく、実際、工業用のスナック菓子よりも砂糖が多く含まれているものもある。特に、砂糖や着色料などの添加物を加えていないナチュラルな白いヨーグルトや、「ギリシャ風」のヨーグルトは問題ない。発酵乳については、プロバイオティクス培養物の存在により、胃の自然な酸性の障害を克服し、実質的にそのままの状態で腸に届き、抗炎症作用が最大限に発揮される。したがって、朝食にケフィアミルクを摂取するのは良い習慣である。ヨーグルトも牛乳も、発酵の過程であらかじめ消化されているため、消化がよいだけでなく、免疫系に多くの恩恵をもたらし、強く、健康で若々しく保たれる。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.