お大事に

卵は週に何個食べてもいいのでしょうか?アメリカ心臓協会は次のように言っている。

卵はその多様性と人気の高さから、世界中で高く評価されています。ヘルシーな朝食として、あるいは多くのレシピの材料として使われることの多い卵は、タンパク質、ビタミン、ミネラルの貴重な供給源です。

しかし、卵を大量に摂取しても安全で健康的なのかという疑問がしばしば生じます。

この記事では、卵の週間摂取量と科学的根拠について詳しく見ていきます。

Freepik
卵は週に何個食べられる?
週に摂取できる卵の量は、健康状態、ライフスタイル、個人の食生活など、いくつかの要因によって異なります。すべての人に当てはまる普遍的な数値はありませんが、多くの国の食事ガイドラインが一般的な推奨量を示しています。
Freepik
卵のコレステロールに関する神話
長い間、卵は黄身に食物性コレステロールを多く含むため、そのトラブルと結びつけられてきました。しかし、アメリカ心臓協会などの最近の研究によると、食事性コレステロールの摂取が血中コレステロールに与える影響は、ほとんどの人にとってないことがわかっています。肝臓は体内の必要量に応じて内因性コレステロールを産生するため、食事性コレステロールの影響は少ないのです。
Freepik
卵と心臓血管系への健康
卵の摂取と心血管系の健康との関連は、広範な科学的研究の対象となってきました。研究の結果、ほとんどの人にとって、適量の卵の摂取は心血管疾患のリスクを著しく増加させないことが明らかになりました。実際、卵は「善玉コレステロール」として知られるHDL(高比重リポタンパク質)コレステロールを増加させ、血中コレステロール値の改善に役立つ可能性があります。
freepik
卵の健康効果
卵には多くの健康効果があります。良質なタンパク源であり、組織の成長と修復に必要な必須アミノ酸をすべて含んでいます。卵のタンパク質は消化が良く、食欲を増進させるので、体重のコントロールに役立ちます。
Freepik
卵の成分変動
卵の組成は、卵を生産する鶏の飼料によって異なる可能性があることに留意すべきです。オメガ3やその他の栄養素を多く含む飼料を与えられた鶏は、これらの栄養素を多く含む卵を産む可能性があります。オメガ3を強化した卵は、体内のオメガ3レベルを改善するのに役立つという研究もあります。
Freepik
特に制限はない
結論として、1週間に食べてもよい卵の量に特に制限はありませんが、健康的な食生活に卵を取り入れることで、多くの健康効果が期待できます。卵はタンパク質、必須ビタミン、ミネラルの優れた供給源であり、ほとんどの人にとって血中コレステロールへの影響は一般的にほとんどありません。ただし、食事全体のバランスとバラエティを常に考慮することが重要です。栄養士や医師に相談し、個々のニーズに合ったアドバイスを受けましょう。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.