お大事に

胃の膨満感を軽減する12の食品

私たちは、大量の食事をした後や消化不良のために、しばしば膨満感を感じます。

幸い、膨満感を軽減し、消化管の健康状態を改善するのに役立つ食品がたくさんあります。このフォトギャラリーでは、消化を良くする、毎日の食事に簡単に取り入れることができる12の食品をご紹介します。スパイスから野菜、乳製品まで、あらゆる嗜好や食事の好みに合うよう、さまざまな選択肢を選びました。

お腹の膨張を抑え、全体的な健康状態を改善するために、どの食品を食事に取り入れるべきか、ぜひ読んでみてください。(出典:health.com)

Freepik
胃の膨満感を軽減する12の食品
私たちは、大量の食事をした後や消化不良のために、しばしば膨満感を感じます。幸い、膨満感を軽減し、消化管の健康状態を改善するのに役立つ食品がたくさんあります。このフォトギャラリーでは、消化を良くする、毎日の食事に簡単に取り入れることができる12の食品をご紹介します。スパイスから野菜、乳製品まで、あらゆる嗜好や食事の好みに合うよう、さまざまな選択肢を選びました。お腹の膨張を抑え、全体的な健康状態を改善するために、どの食品を食事に取り入れるべきか、ぜひお読みください。(出典:health.com)
Freepik
キュウリ
むくみ解消に効果的なのが、キュウリです。フラボノイド系の抗酸化物質であるケルセチンが含まれており、炎症性酵素を抑制します。生で食べたり、甘い飲み物の代わりにキュウリ水を飲んだりするといいでしょう。
Freepik
アスパラガス
アスパラガスには、消化器系の善玉菌の増殖をサポートするプレバイオティクスが含まれています。さらに、水分を含んでいるため、水分補給、排尿の補助、膨満感の軽減が期待できます。
freepik
米は、ガスを発生させない唯一のデンプンです。膨満感を感じないようにするために、食事にデンプンを加える場合は、ジャガイモやトウモロコシの代わりに米を選ぶとよいでしょう。
Freepik
バナナ
バナナには、体内のナトリウム濃度を調整し、水分の滞留を防ぐカリウムが含まれています。そのため、膨満感を抑えることができます。さらに、バナナには食物繊維が含まれており、膨満感のもう一つの原因である便秘を予防することができます。その他、カリウムを多く含む食品には、ジャガイモ、ほうれん草、サルタナ、オレンジなどがあります。
Freepik
パパイヤ
パパイヤに含まれるパパインは、タンパク質の消化を助け、消化器官の健康を増進します。また、このトロピカルフルーツには抗炎症作用があり、強い消化管をサポートする食物繊維も含まれています。パパイヤは生で食べても、スムージーにしてもOKです。
Freepik
パイナップル
パイナップルは主に水分であり、体の水分を保ち、膨満感に対抗するのに役立ちます。パイナップルに含まれる酵素であるブロメラインは、タンパク質の分解を助け、消化器系の健康を促進します。ブロメラインは、研究によると、コラーゲンを分解するのに最も効果的な酵素の一つです。
Freepik
プロバイオティクス入りヨーグルト
活性培養されたヨーグルトを摂取することで、腸内の善玉菌であるプロバイオティクスにより、消化を整えることができます。ハチミツやジャム、ミューズリーなどで甘みを加えてもよいでしょう。
Freepik
フェンネルシード
フェンネルシードには、胃腸の痙攣を緩和する成分が含まれており、膨満感を和らげます。ハーブティーにして飲んだり、そのまま噛んだりするとよいでしょう。
Freepik
生姜
生姜には消化酵素が含まれており、食べ物をより効率的に消化し、膨満感や便秘を軽減します。自家製のジンジャーティーにして飲んだり、ショウガの根を噛んだりするとよいでしょう。
freepik
ペパーミントとカモミールのインフュージョン
ペパーミントやカモミールには、胃腸の筋肉をリラックスさせる作用があるため、ガスを払拭させる効果が期待できます。また、カモミールには鎮静・リラックス効果があります。
Freepik
シナモン
シナモンは抗酸化物質を豊富に含むスパイスで、余分なガスの排出や膨満感のケアに効果があります。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.