お大事に

こんな調理ミスが食中毒の原因に

キッチンでは、食の安全が最優先されますが、調理中のちょっとしたミスが深刻な健康被害につながることも少なくありません。

このフォトギャラリーでは、保存期間を守らない、調理器具を洗わないなど、食中毒の原因となる最も一般的なミスをいくつかご紹介します。自分や家族の健康を守り、キッチンを衛生的に保つためには、こうした間違いを認識し、避けることが重要です。

簡単で便利なミス防止策で、食中毒を防ぐ方法を一緒に考えてみましょう。

Freepik
こんな調理ミスが食中毒の原因に
キッチンでは、食の安全が最優先されますが、調理中のミスが深刻な健康被害につながることも少なくありません。 このフォトギャラリーでは、保存期間を守らない、調理器具を洗浄しないなど、食中毒の原因となる最も頻繁に起こるミスについて考えます。このようなミスを見分け、回避する方法を学ぶことは、自分や大切な人の健康を守り、キッチンを最大限に衛生的に保つために不可欠です。 簡単で便利なミス防止策を参考に、食中毒を回避する方法を一緒に考えてみましょう。
Freepik
キッチンで使用する調理器具を変えないこと
生肉と調理済み肉を扱う際には、汚染のリスクを避けるために、異なる調理器具を使用することが不可欠です。
Getty Images
肉を焼くときは、肉用温度計を使用する
食材が正しく調理されているかどうかは、目視だけでは判断できず、肉用温度計の使用が不可欠です。
Freepik
残飯の保存の遅れ
食べ残した食品は、2時間以内に保存する必要があります。食べ物が冷めるのを待つ必要はありません。台所のテーブルの上に何時間も放置しておくよりも、すぐに保存した方がずっと良いのです。同様に、食べ残しを4日以上冷蔵庫に入れないことも重要です。
Freepik
肉の間違った解凍方法
常温では細菌が急速に増殖するため、冷凍庫から出したまま解凍するのは大変危険です。冷凍庫から取り出した肉は、冷蔵庫に入れるか、急ぐ場合は電子レンジで加熱することが必要です。
Freepik
手を洗わない
手を洗わないことは、重大な病気を引き起こす可能性のある細菌で食品を汚染するリスクにさらされます。細菌は食品だけでなく、表面や人にも定着し、それが食品に移る可能性があります。特に生肉を扱う際には、石鹸とぬるま湯で20秒以上手を洗うことが、食品を汚染するリスクを減らすために必要です。
Freepik
免疫力が弱い人はリスクの高い食品を食べな
卵をのせたグリル肉など、特定の食品は汚染の危険性が高いため、食べるのを避けるべきとされています。特に、5歳未満のお子様や65歳以上のご高齢の方、免疫力が低下している方、食中毒に罹患している方は、十分な注意が必要です。
freepik
シンクで鶏肉を洗う
鶏肉や生肉全般を流しで洗ってはいけません。水道の水しぶきで危険な細菌が拡散する恐れがあるからです。さらに、鶏肉を洗っても、病原性細菌は除去されません。しかし、campylobacter 、clostridium perfringens 、サルモネラ菌などの細菌は、オーブンで調理すると高温で死滅するので、感染する危険性はありません。一方、果物や野菜は、シンクでよく洗うことが不可欠です。
アートギャラリー プライベートコレクション
04/12/2023
ゲームとアクティビティ
19/11/2023
ハリウッドニュース
03/12/2023
ゲームとアクティビティ
19/11/2023
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.