セコンド

本場アプーリアのフォカッチャの作り方

アプーリア州のフォカッチャは、食事のお供にも、ビーチでの一日の食事の代わりにもなる優れた料理で、おそらく最も欲張りな愛好家の習慣に従って、プロヴォローネチーズやモルタデッラを詰め込むのでしょう。実は、これらの材料は「フォカッチャの命」、つまりこの製品に最もふさわしいと言われているのだが、当然ながら、誰もが好きなように詰め物を決めることができる。

Freepik
生地の材料
ジャガイモ200g×1、小麦粉「0」型200g、デュラム小麦セモリナ300g、ビール酵母(キューブ)12g、塩、.エキストラバージンオリーブオイル(大さじ3~4)、水300ml
Freepik
具の材料
プチトマト10個、オレガノ1つまみ、塩、油
Freepik
フォカッチャ・プーリェーゼの作り方
ジャガイモは茹でて皮を取り、ポテトマッシャーでつぶす。 次にフォカッチャの生地を用意する。容器にマッシュポテト、セモリナ、小麦粉、塩、イースト(お湯で溶いておく)、エキストラバージンオリーブオイル、水を入れ、柔らかく弾力のある生地ができるまでゆっくり混ぜる。
Freepik
フォカッチャ・プーリェーゼの作り方
4時間ほど休ませ、毛布やティータオルで容器を包み、温かさを保ったまま成長させる。4時間後、生地を焼き型に入れることができる。その前に、端まで油で湿らせてから、生地を耐熱皿の中に入れ、両面を濡らすように裏返します。最後に指先で転がすようにします。
Freepik
フォカッチャ・プーリェーゼの作り方
半分に切ったプチトマトを詰め、生地の上にオイル、塩、オレガノをまぶして味を調える。オーブンを220°に予熱し、天板を静置して、200°で約30分フォカッチャを焼く。温めてお召し上がりください
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.