フロントページ

ナツメグ乱用の副作用:彼らは本当にそんなに危険でしょうか?

ナツメグは、通常、さまざまな食品の調製に使用されますが、過剰に摂取すると、特に不快な副作用を引き起こす可能性があります。

Myristica Fragansの木に由来する香辛料は、過剰に摂取すると精神活性作用を持つ可能性があります。この障害は、神経伝達物質に作用し、不安状態と混合した幻覚を引き起こすミリスチシンに起因します。

ナツメグの毒性作用は、いくつかの薬と同じように、最大2日間続くことがあります。

freepik
ナツメグ乱用の副作用
ナツメグは、通常、さまざまな食品の調製に使用されますが、過剰に摂取すると、特に不快な副作用を引き起こす可能性があります。Myristica Fragansの木に由来する香辛料は、過剰に摂取すると精神活性作用を持つ可能性があります。
ナツメグの乱用後の数時間で何が起こるか
この障害は、神経伝達物質に作用し、不安状態と混合した幻覚を引き起こすミリスチシンに起因します。 Jackson Memorial HospitalのFlorida Poison Information Center、Bernstein博士によると、ナツメグを大量に服用してから30〜60分の時間枠で、人々は通常、吐き気、嘔吐、下痢などの重度の胃腸反応を起こします。次の数時間で、一部の人々はまた心臓と神経のトラブルを起こす可能性もあります。
特に注意すべき点
心臓障害のある人は、不規則なリズムを引き起こす可能性があるため、ナツメグの乱用に特別な注意を払う必要があります。視覚、聴覚、感覚の幻覚はすぐには現れず、これらの問題を引き起こす可能性のあるスパイスを知らないで摂取しすぎることもあるので最大限の注意を払いましょう。
1900年の最初の中毒から現在まで
ナツメグ中毒の発生は1900年代初頭に観察され、60年代半ばにはわずかな回復が見られました。最近では、高値で取引されているインターネットにより、特に若者が「代替」の方法で使用するこのスパイスへの注意・関心が高まっています。
料理での通常の使用は問題を引き起こしません
料理でのナツメグの使用は、その使用量が非常に少量であるため健康上のトラブルは引き起こしません。問題はまさに乱用、すなわち大量使用です。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.