お大事に

未来の食べ物:2050年、人々は何を食べるのか?

未来の食料供給は、変化し続けるこの世界において、非常に関心の高いテーマです。

世界人口が絶えず増加し、天然資源が限られている現在、未来の食がどうなるかを予測することは必要不可欠です。このフォトギャラリーでは、2050年に起こりうる食のトレンドを探ります。

テクノロジーから農業まで、科学の進歩と環境意識が私たちの食生活にどのような影響を与え、30年後の私たちの食卓に何が並ぶのかを発見していきます。(出典:bbc)

Wikimedia (collage)
未来の食べ物:2050年、人々は何を食べるのか?
未来の食料供給は、変化し続けるこの世界において、非常に関心の高いテーマです。世界人口が絶えず増加し、天然資源が限られている現在、未来の食がどうなるかを予測することは必要不可欠です。このフォトギャラリーでは、2050年に起こりうる食のトレンドを探ります。テクノロジーから農業まで、科学の進歩と環境意識が私たちの食生活にどのような影響を与え、30年後の私たちの食卓に何が並ぶのかを発見していきます。(出典:bbc)
Wikimedia - By Rillke
Wikimedia - Amos T Fairchild
Pandanus tectorius
Pandanus tectorius は、太平洋諸島からフィリピンにかけての沿岸地域に生育するPandanaceae科の植物で、東南アジアでは、葉は甘い料理や香辛料の風味付けに使われ、果実は生でも調理しても食べることができます。科学者によれば、このパイナップルに似た果実とその葉は、もっと広く利用されるべきものだといいます。実際、この木は乾燥や強風、塩水などの過酷な条件にも耐えることができるため、地域住民のために資源を枯渇させることなく持続的に利用するのであれば、世界中のほとんどの場所に植えることができるでしょう。
Wikimedia - Toujours Passages
古代雑穀フォニオ
食卓に並ぶ機会が増えるかもしれないもうひとつの食品カテゴリーが穀類です。その中でも、科学者たちは、fonio (Digitaria exilis) を未来の食品として考えています。クスクスやお粥、飲み物に使われるこの植物は、乾燥した環境にも耐えることができます。
Wikimedia - By NoodleToo
Tylosema esculentum
豆類は、タンパク質やビタミンB群を多く含むことから、未来の食物のひとつとされています。豆類は安価で、海辺から山の斜面まで、さまざまな環境に適応する食品です。科学者によると、マメ科の植物は何千種類もありますが、今のところ利用されているのは、まだ未知のものも含めて数種類に過ぎません。そのひとつがモラマメ(Tylosema esculentum)です。ボツワナ、ナミビア、南アフリカの一部で栽培されているこの食材は、多くの住民の主食となっています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.