お大事に

カビが生えたチーズを食べると健康に害がある?

チーズに関して、カビは論争の的となるテーマです。

カビは複雑で洗練された風味の源であると考える人が多い一方で、健康を脅かす微生物が存在する可能性があると懸念する人もいます。

このフォトギャラリーでは、この問題を深く掘り下げ、カビを含む最も有名なチーズをいくつか紹介し、その種類による違いも紹介します。

また、安全に摂取するためのヒントを提供することで、カビ入りチーズを食べることが本当に健康にとって危険なのかどうかを明らかにします。

Freepik
カビとは何ですか?
カビは胞子を作る菌の一種で、緑、白、黒、青、灰色などの色をしています。カビはあらゆる食品に発生し、暖かく湿った環境で最もよく増殖します。 有害なカビは、細菌やマイコトキシンを含むため、食中毒や免疫不全、癌の原因になることもあります。食品にカビが発生した場合、通常は捨てるべきですが、チーズの場合は必ずしもそうとは限りません。(出典:healthline)
Freepik
カビを使用しているチーズは?
カビは食品の外観や匂いを変え、非常に強い酸性の匂いを発生させます。ある種のカビは、このような理由から、風味と食感を向上させる目的で、チーズの製造に使用されています。人気のあるカビ入りチーズは、Roquefort, Camembert, Humboldt Fog, Gorgonzola, Stilton, Brie とSt. André があります。
Freepik
カビ入りチーズは食べても大丈夫ですか?
カビが生えたチーズは、内側に青い葉脈があったり、外側に厚い白い果皮があるのが特徴です。もちろん、一部のチーズの製造に使われるカビは有害なものではありません。有害なカビはどんなチーズにも発生し、見た目も似ているため、カビの種類を見分けるには注意が必要です。
Freepik
カビたチーズを廃棄する場合
カビが生えたからといって、必ずしもそのチーズを捨てなければならないわけではありません。例えばハードチーズの場合、カビの周囲と下を2~3cm切って、すべてのカビが取り除かれ、危険性がないことを確認すれば十分です。一方、ソフトチーズの場合は、チーズの質感によって胞子がチーズの中に入り込み、汚染されるため、すぐに捨てる必要があります。
Freepik
カビたチーズを食べることの危険性
カビが媒介する主な細菌は以下の通りです:大腸菌、リステリア菌、サルモネラ菌、ブルセラ菌です。これらの細菌は食中毒を引き起こし、嘔吐、腹痛、下痢などの症状を引き起こし、重症の場合は死に至ることもあり、非常に危険です。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
凶暴な動物たち
29/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.