お大事に

チーズの消費と健康への影響

チーズは一般に栄養豊富で耐容性の高い発酵乳製品であるにもかかわらず、その健康への影響は依然として議論の中心であり、論争の的となっている。

これは、チーズが一方では高品質のタンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン、プロバイオティクス、生物活性分子の豊富な供給源であるという事実があるにもかかわらず、しかしその一方で、特に心臓血管の健康維持には不適切とされる高飽和脂肪酸と塩分を含んでいる可能性があるからだ。

『Advances in Nutrition』誌に掲載された最近の研究では、この点についていくつかのデータが検討され、次のようなことが判明した。

freepik
チーズの消費と健康への影響
チーズは一般に栄養豊富で耐容性の高い発酵乳製品であるにもかかわらず、その健康への影響は依然として議論の中心であり、論争の的となっている。これは、一つにチーズが高品質のタンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン、プロバイオティクス、生物活性分子の豊富な供給源であるというプラスの事実によるものである。
freepik
研究
その一方で、高飽和脂肪酸と塩分が含まれている可能性があり、特に心臓血管の健康維持には不適切な要素と考えられている。『Advances in Nutrition』誌に掲載された最近の研究では、この点についていくつかのデータが検討され、次のような結果が出た。
freepik
チーズと健康協会
『Advances in Nutrition』誌に発表されたこの研究は、大学研究者の混成チームによって実施されたもので、彼らはこれまで入手可能だったデータを一掃し、見直しを進めた。発見されたのは、チーズの消費と47の主要な健康影響との関連である。その結果、要約すれば、チーズの摂取がいかに寿命を縮めないかという仮説を立てることが可能になる。
freepik
チーズと病気
この研究では、チーズの消費量と死亡率との間に、全死因(-7%)および心血管疾患(-5%)の逆相関があることを発見したようだ。チーズの消費とガンや高血圧などの特定の疾患との間には相関関係は見られなかった(中立的な効果)。
freepik
1日の推奨量
この研究によると、チーズが健康に中立的な影響を与えるためには、適度に摂取し、常に1日40グラム以下に抑える必要がある(必ずしも毎日摂取する必要はない)。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.