セコンド

肉と魚:どの国が最も多く消費しているか?

肉と魚:どの国が最も多く消費しているか?

肉と魚は、人間の食生活において重要なタンパク源です。しかし、肉や魚の消費量は国によって大きく異なります。

国により、肉は富と繁栄の象徴とされ、魚が一般的なところもあります。今回は、肉と魚を最も多く消費している国はどこかを探ってみましょう。

Freepik
肉と魚:どの国が最も多く消費しているか?
肉と魚は、人間の食生活において重要なタンパク源です。しかし、肉や魚の消費量は国によって大きく異なります。国により、肉は富と繁栄の象徴とされ、魚が一般的なところもあります。今回は、"Focus.it"が報告した調査に基づき、肉と魚を最も多く消費している国を探ります。
Freepik
10)インド
一人当たりの肉・魚製品消費量:11kg。
Freepik
9)日本
一人当たりの肉・魚製品消費量:95kg。
Freepik
8)中国
一人当たりの肉・魚製品消費量:99kg。
Freepik
7)イギリス
一人当たりの肉・魚製品消費量:100kg。
Freepik
6)ブラジル
一人当たりの肉・魚製品消費量:109kg。
Freepik
5)イタリア
一人当たりの肉・魚製品消費量:111kg。
Freepik
4)アルゼンチン
一人当たりの肉・魚製品消費量:117kg。
Freepik
3)フランス
一人当たりの肉・魚製品消費量:117kg。
Freepik
2)米国
一人当たりの肉・魚製品消費量:146kg。
Freepik
1)オーストラリア
一人当たりの肉・魚製品消費量:147kg。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.