お大事に

減量のための砂糖代替品、WHOが推奨しない理由

世界保健機関(WHO)が新しいガイドラインを発表し、減量を試みる際の砂糖の代用品を使用しないよう呼びかけました。

WHOによれば、実際、砂糖以外の甘味料の使用は、大人も子供も、体脂肪を減らすのに長期的な利益をもたらさないからです。短期的には体重が減るかもしれませんが、持続することはありません。

新ガイドラインは、砂糖代替品の長期使用による望ましくない影響の可能性についても言及しています。これには、2型糖尿病や心血管疾患のリスクをわずかに増加させることが含まれています。

freepik
砂糖代替品に関するWHOの新ガイドライン
世界保健機関(WHO)が新しいガイドラインを発表し、減量を試みる際に砂糖の代用品を使用しないよう呼びかけました。WHOによれば、実際、砂糖以外の甘味料を使用しても、大人も子供も体脂肪を減らす長期的な効果は得られないといいます。短期的には体重が減るかもしれませんが、持続することはありません。
freepik
長期使用による悪影響
新ガイドラインは、代替砂糖の長期使用による望ましくない影響の可能性についても言及しています。これには、2型糖尿病や心血管疾患のリスクをわずかに高めることが含まれています。
freepik
砂糖代替品への関心の高まり
ノンシュガー甘味料は現在、包装済み食品や飲料の原材料として広く使用されており、また、消費者が食品や飲料に直接加えて摂取されています。WHOが2015年に発表した最新のガイドラインでは、砂糖の1日の摂取量を10%未満に減らすことが推奨されています。それゆえ、代替砂糖への関心が高まっているのです。
freepik
専門家からのアドバイス
クワドラム・インスティテュート・バイオサイエンスの名誉研究員である栄養学研究者イアン・ジョンソンによれば、WHOの指針は、砂糖の摂取が体重管理に関係していないことを示すものとして解釈すべきではないと言います。しかし、砂糖入りの飲み物の使用を減らし、生か軽く加工された果物を摂取するように心がけることは非常に有効であると言います。
freepik
使用された研究
WHOはこの新しいガイドラインを作成するために、283の研究結果を利用しました。この勧告は、いわゆる天然甘味料と人工甘味料の両方に関するものです。
アートギャラリー プライベートコレクション
04/10/2023
凶暴な動物たち
03/10/2023
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.